img_01

新卒採用時の手続きについて

平成27年から、マイナンバーが導入され、個人情報の重要性がますます注目されます。

人は生まれてすぐに戸籍や住民票が作成されますが、社会人になると、健康保険や年金、雇用保険といった、社会保障制度のシステムの一員になります。健康保険は、親などに扶養親族されている間は保険証も扶養親族として交付されていますが、社会人になると、自分自身が保険料を負担します。



健康保険は、新卒採用だけではなく、就職するとその会社の保険に加入し、離職している間は市区町村の国民健康保険に加入します。年金については、20歳になると学生でも国民年金に加入する義務があり、年金手帳を持っているので、会社に就職する際も基礎年金番号は継続して使用します。

事業の柱の一つとして新卒紹介を行っているDYMでは、自社の新卒採用も力を入れています。

健康保険は病院にかかる時、年金は将来の受給のためですが、雇用保険は離職した場合に失業保険を受給するだけでなく、一定期間以上加入していると、働いている間に資格取得費用の助成を受けられるなどのメリットがあります。

雇用保険は労使折半といって、本人と会社がそれぞれ費用を負担するほか、労災保険は会社側が保険料を負担して、就労中や通勤途上の事故に対する保険ですが、この二つを合わせて労働保険といいます。

労働保険は新卒採用の時に初めて被保険者となり、短冊状の保険証が本人に交付されますが、新卒採用時以外の転職の場合は、被保険者番号は継続して利用します。



新卒1年目から活躍したいと思っている人にはDYMのようなベンチャー企業も魅力的だと思います。健康保険は病院にかかる時、年金は将来の受給のためですが、雇用保険は離職した場合に失業保険を受給するだけでなく、一定期間以上加入していると、働いている間に資格取得費用の助成を受けられるなどのメリットがあります。

雇用保険は労使折半といって、本人と会社がそれぞれ費用を負担するほか、労災保険は会社側が保険料を負担して、就労中や通勤途上の事故に対する保険ですが、この二つを合わせて労働保険といいます。

労働保険は新卒採用の時に初めて被保険者となり、短冊状の保険証が本人に交付されますが、新卒採用時以外の転職の場合は、被保険者番号は継続して利用します。


就職すると、給料から源泉所得税と社会保険料を差し引かれますが、同時に健康、老後の生活、就労中の事故や離職時のセーフティネットの一員になることができます。